スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

エアーウェーブ機械みてきました。

2007.03.07  *Edit 
月曜日にエアーウェーブの発表会みてきました。

講師の方はシステアミンを絶賛していました。

付け巻きの中間巻き。

その後放置。
希望のウェーブがでたところで中間水洗。
ここまでは、機械はなんら関係ありません。
ロッド装着のまま還元終了。

その後、湿熱50~53度で15分ほど放置。
毛量、ダメージ度を設定すると機会がタイムを設定してくれるらしい。


その後、ファンから温風、管から吸引させて完全乾燥させるらしい。
この時のタイムも機械が設定してくれて、タイム終了後乾燥していなかったらタイムをたしていました。

中間水洗:デジパーのロッドは完全防水ではないにしろ、工夫でできます。

湿熱50~53度:これも可能です。

ファンから温風、管から吸引:これもただ単に乾燥にもっていけばいいのなら可能です。

普通のパーマ工程に、低温湿熱、吸引クーリングをはさんだだけのか?
それとも吸引にもっと、他に大事な理論がふくまれているのか?

還元作用終了後に低温湿熱、吸引クーリングを行っているので、傷めてしまうおそれはないと思いますが。。。

還元終了前に熱を加えるのと、終了後に熱を加えるのとではどうちがってくるのか知りたくなってきました。

デジパーも還元終了後に熱を加えてみると面白いかも。
それも湿熱(蒸し)、その後クーリング。
同じ結果だったら、ただの話題性。。。。^^


話題をよべばいいのかな?
美容師にも、お客様にも。

あとで、すごい画期的なものであれば、追記します^^

吸引することによる効果だろうな。


スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL
http://kun2000.blog36.fc2.com/tb.php/65-e2087a90

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。